引っ越し費用の見積もりは相場を知る

引っ越し費用の中でも特に大きな割合を占めるのが引っ越し代住居の賃貸契約費用

引っ越し費用の見積もりを出すときはまず引っ越し代がいくらぐらいかかるのか相場を知ることが大切です。
そんな引っ越し費用の相場を知るには引っ越し業者一括比較サイトを活用することをおすすめします。

 

引っ越し業者一括見積もりサイトおすすめ

 

数ある引っ越し業者一括見積りサイトの中でも人気で安心のサイトを提携業者の多い順にランキングでご紹介します。

1位 引っ越し侍

引っ越し侍の一括見積はこちら:

人気引っ越し業者270社以上から比較
テレビCMも流れている有名な引っ越し業者です。

料金比較だけでなくサービス内容も比較できるので、安いだけでなく条件にあった引っ越し業者を選ぶことができます。

インターネットで24時間いつでも見積もり依頼が可能です。

 

引っ越し侍の口コミ・評判

・見積もりを出したらすぐに電話がかかってきました。
・大手の金額より半値ぐらいで引っ越しすることができました。
・ネット予約サービスを使うと個人情報を入力せずに複数業者の見積もりを取ることができた。

*引っ越しネット予約サービスとは
自分の引っ越し情報を入力すると、ネット上で費用相場と業者ごとの見積りの料金が比較できます。引っ越しをお願いしたい業者が決まったらネットですぐに申し込むことができます。
引っ越しネット予約サービスなら業者が決まってから個人情報を伝えるので、申し込みしなければ電話がかかってくることもありません。

引越しネット予約サービスの詳細はこちら:引越しネット予約サービス

引っ越し侍の一括見積もりはこちら

2位 引越し達人セレクト

引越し達人セレクトの詳細はこちら

運営歴が長く安心できる一括検索サイト。
引っ越し業者210社以上から比較できます。

問い合わせ入力がとにかく簡単
予定日と連絡先を入れるだけです。

引越し祝い金最大6万円やアンケート回答でAmazonギフト券500円プレゼント、荷造り代行1時間無料などお得な特典がたくさんついてきます

 

引越し達人セレクトの口コミ・評判

・交渉術の資料がありとても参考になりました。
・メール見積もりと訪問見積もりの差が少なかった。
・不用品買取サービスのリストがもらえたのがありがたかったです。

引越し達人セレクトの詳細はこちら

3位 ライフル(LIFULL)

ライフル(LIFULL)の詳細はこちら

ライフル(LIFULL)引っ越しならではの特別サービスがつく

旧HOME’Sのライフル(LIFULL)のサイトは簡易入力があるので簡単で使いやすいです。

ただライフル(LIFULL)の取り扱い引っ越し業者は130社ほどで少なめです。
でもライフル(LIFULL)で見積もりをとって訪問見積もりしてもらうと特別サービスをつけている業者があります。

例えばハート引越しセンターだと引っ越し代金最大30%オフやサカイ引越センターでは訪問見積もりを受けるだけで「いわて純情米ひとめぼれ」1kgをプレゼントがもらえます。

 

ライフル(LIFULL)の口コミ・評判


・運営会社がしっかりしているので安心
・魅力的な独自の特典があり見積もりをとってお米をもらいました
・引っ越し業者別の評判・評価・クチコミが載っていてとても参考になりました。

ライフル(LIFULL)の詳細はこちら

引っ越し費用の見積もりの注意

 

引っ越し費用は引っ越し日の車代や人手代(業者に頼む場合は業者代)だけではありません。

次の住居の契約費用や改装費用、新しい家具や細かいところでは引っ越しごあいさつの手土産代なども必要になります。

引っ越しの費用で見積もりを取るときはそういう細かいところまで考えて見積もった方が思ったより費用が嵩んでしまったなんてことにならないですよ。
 

自分でレンタカーを借りて友達に手伝ってもらうことも出来ますが、これ結構費用が高くなるんですよ。

荷物を積める梱包材費用、軽トラを1日借りる費用(約1万円)とその数往復分のガソリン代、友達の食事代や謝礼。

 

これならいっそ業者に頼んだ方が気が楽だし費用も変わらないかもしれませんね。


 

引っ越し費用見積もりは時期・時間で変わる

 

引っ越し費用の見積もりを出すとき時期や時間を考えるのはかなり重要なことです。

卒業、入学、就職、転勤時期の多い繁忙期と呼ばれる2月から4月初旬は引っ越しする人が増えるのでレンタカーや業者の予約が取りにくくなるだけでなく、費用もぐんと高くなります

引っ越しはできればこの繁忙期を避けるのが費用を安く見積もりするコツですね。

また引っ越しする時間帯によっても費用の見積もりが変わることがあります。

ほとんどの人は午前中に引っ越しを始めたいと考えます。需要が高くなればその分料金も高くなるのが通常です。

 

それと引っ越し侍などは「時間フリー便」というのを設けています。
これは時間指定しないで引っ越しを申し込む方法です。

これだとかなり費用を安く抑えることができるので時間に余裕のある方におすすめです。

時間フリー便で予約するならこちら 

 

 引っ越し費用の見積もり アイテム別

 

エアコン引っ越し

エアコンの引っ越しは意外と費用が掛かります。

エアコンには寿命があるので10年以上たっているエアコンは維持費や電気代が高くなるだけなので引っ越しせず新しく買い換えた方がよさそうです。


まだ新しいエアコンの場合は専門業者に頼んで移設してもらうことになりますね。
エアコン取付+取り外しで一番安い業者を探す見積もり一括比較サイトがあります。

エアコン取り付け・取り外し

また引っ越し業者を頼む場合はほとんどオプションになっています。
引っ越し業者は繁忙期には対応してくれないこともありますし、エアコン工事専門業者に依頼するだけなので何かあっても責任は取ってくれません。


それなら自分でエアコン工事業者に依頼した方がよさそうですね。

 

電話引っ越し

固定電話の引っ越しは電話のサービス会社のNTTやKDDIなどに連絡します。

移転手続きは電話やインターネットですることが出来ます。
新しい住居で固定電話を使いたい場合は電話回線環境があるかどうかを確かめておく必要があります。

電話回線環境がない新しい家などは立ち合い工事が必要になりその費用も引っ越し見積もりに入れないといけません

 

仏壇引っ越し

仏壇の引っ越しは家具のように古いところから新しいところへ移すだけという訳にはいきません。

仏壇はお坊さんによって魂入れ(開眼法要)がされています。そのため仏壇を移すにはその魂を抜く(閉眼供養)をしなければいけません。


いったん魂を抜いて場所を移し、さらに新しい場所で再度魂入れ(開眼法要)をしてもらう必要があります。
そういったお寺に払う費用も見積もりに入れる必要が出てきます。

また業者によっては仏壇を引き受けてくれないところもありますので事前に確認して下さい。

 

ベッド引っ越し

単身や学生の引っ越しではベットが一番大きな荷物になるかもしれません。

そんな時はベットの大きさによって費用の相場が変わってきます
荷物が少ない場合、ベットがあるために費用が嵩んでしまうこともあります。


ベットによっては解体したり組み立てたりしないといけなかったりすると引っ越し業者によっては対応してもらえません。
古いベットはわざわざ持っていかなくても無料で回収してもらえばかえって費用が安く済むことになりますね。

 

家電引っ越し

冷蔵庫などの重い家電だけを引っ越ししたい場合は専用プランのある引越し業者がありますのでそういうところに頼むといいですね。

大手の業者だとヤマトホームコンビニエンスの「らくらく家財宅急便」やサカイ引越センターの「せつやくコース」などがおすすめです。

ただこういう特別コースは2月から4月の繁忙期になると料金がかなり割高になったり、希望の日時が取れなかったりするので家電だけを引っ越したい場合は繁忙期は避けた方がいいですね。

 

ピアノ引っ越し

ピアノは繊細な物なので専門の引越し業者に頼む必要があります。その料金は、ピアノの種類、引っ越し先の距離、運搬方法によって変わります。種類はアップライトピアノなのかグランドピアノなのか。またグランドピアノでも、小型、中型、大型によっても料金は変わります。ピアノが2階にある場合など搬出にクレーン車などを使わないといけない場合はさらに料金が高くなります。

ピアノを引っ越ししようと思うとかなり大変な作業+費用になります。ピアノの費用は決して安くありません。
ピアノだけで引っ越し料金と同じぐらいかかることがあります。

使用していないピアノならこれを機会にピアノを売ってしまうというのはいかがでしょうか。
ピアノを少しでも高く売りたいときはピアノ買取の一括見積りで複数の業者から見積もりを取ることができます。

ピアノ一括見積もりならこちら: ピアノ買取一括査定申込

 

家具引っ越し

家具だけを引っ越したいというときは、1個の家具単品ならクロネコや佐川などの運送会社を利用することも出来ますし、複数の家具がある場合はやはり引っ越し業者に頼んだ方がいいでしょう。

とにかく費用を安くすませたいというのであれば、混載便やフリー便というのを利用するのもいいと思います。

 

引っ越し業者によっては家具だけ引っ越しプランというのもありますよ。
どういったプランを利用して安く引っ越しできるのかを調べるのはやはり引っ越し専門業者から見積もりを取って比較するのが一番ですね。

© 2019 引っ越し費用の見積もり rss